Vidgets

iPhone用Vidgets

iPhone ユーザー必携、バッテリー残量や天気など18種類のウィジェット

Vidgets(ヴィジェット)は、iOS 8 対応デバイスの通知センターに天気や空きストレージ容量など18種類のウィジェットを追加できるアプリです。iOS8 のみ利用できる新機能のウィジェットは、通知センターからアプリの一部機能を使うことができるすぐれもの。スワイプひとつで情報を確認したり特定の動作をさせられたりと使い勝手が向上します。(ウィジェットについての詳しい記事はこちら)使い始めは通知センターに Vidget を表示させる設定が必要Vidgets... 完全な説明を見ます

賛成票

  • 18種類のウィジェットが用意されている
  • 日常生活で利用頻度が多いツールがそろう

反対票

  • ウィジェットからアプリ本体の起動はできない

Vidgets(ヴィジェット)は、iOS 8 対応デバイスの通知センターに天気や空きストレージ容量など18種類のウィジェットを追加できるアプリです。iOS8 のみ利用できる新機能のウィジェットは、通知センターからアプリの一部機能を使うことができるすぐれもの。スワイプひとつで情報を確認したり特定の動作をさせられたりと使い勝手が向上します。(ウィジェットについての詳しい記事はこちら

使い始めは通知センターに Vidget を表示させる設定が必要
Vidgets を使い始めるには、初回のみ本体側での設定が必要になります。インストールしたアプリをタップして起動したら、iPhone 本体の通知センターで Vidget を表示させるよう設定を変更しましょう。アプリ内でも英語で方法が表示されますが、日本語で詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

18種類のウィジェットが用意されている
通知センターの設定を完了した後でアプリを起動すると、ウィジェットの設定画面が表示されます。デフォルトではバッテリー容量など3種類のウィジェットが表示されていますが、画面の下にある「+」マークから新たなウィジェットを追加できます。「Clock (時計)」「System (システム)」「Weather (天気)」などジャンル別に18種類のウィジェットが用意されています。ウィジェットはタップすれば追加でき、長押しで移動や削除が可能です。設定を終えると iPhone の通知領域に設定した情報が表示されます。

ウィジェットを整理・カスタマイズできる
ウィジェットの中には仕切り線となる「Separator」も用意されており、多くのウィジェットを評しさせる際に見やすいよう整理ができます。また、左下のボタンからはウィジェットの色も選べます。個々のウィジェットも右下の鉛筆マークをタップすればタイムゾーンの変更やウィジェット名の変更など編集が可能です。ただし、これらの変更全てアプリ上から行う必要があり、ウィジェットをタップして Vidgets アプリを起動させることはできません。

欲しいウィジェットをリクエストできる
自分の欲しいウィジェットがない!と思ったら作者にリクエストできます。機能選択画面の右上にある「Request Widget」ボタンを押すと、投票ができます。今既にリクエストされている候補にタップして投票することもできますし、全く新しいものを候補に追加することもできます。

Vidgets は、iOS 8対応デバイスの通知領域に18種類のウィジェットを追加できる便利なツールです。

Vidgets

ダウンロード

Vidgets 1.0

ユーザーレビュー

スポンサー×